2013年08月19日

Try WiMAXレンタルを申し込んでみた(2)WiMAXの経緯について

どうもです(´・ω・`)

前回はTry WiMAXに申し込む経緯を記載しました。
http://rarry2013.seesaa.net/article/372115900.html

実はWiMAXについても、それなりの経緯がありました。
そこで今回はWiMAXの経緯について、お話します。

daibouken2013081600.jpg


実は「Try WiMAX」を利用したのは今回で3回目になります(´・ω・`)

今から4年前の2009年に、イーモバイルにするかWiMAXにするかで悩んでいた時に
ネットで調べてみたら、WiMAXを15日間レンタルが出来る「Try WiMAX」の存在を知り
ヤマダ電機で申し込みが可能だったので、そこで申し込んでレンタルした器具がこれ
daibouken2013081901.jpg
こちらの器具は

・データ通信カード部分「UD01OK」
・ルーター部分「UG01OK」

の2つがセットになっています。
こちらはデータ通信カード部分の「UD01OK」を
そのままPCのUSB端子に繋げて利用することが出来る仕様になっています。

また、ルーター部分の「UG01OK」にデータ通信カード部分を接続すると
無線ルーターとしても利用出来る優れものになるハズだったのですが…。

問題は
・下り速度が1メガ未満しか出ない
・回線が定期的に切断を繰り返す。

という、残念ながら使い物にならないということでした。
アンテナ電波状態が悪いというのもありますが
調べてみると、回線切断が起きやすい製品のようです。

このため、当時の自宅環境ではWiMAXではなく
イーモバイルを選択することにしました。



2年後の2011年に改めてWiMAXの現状を確認しようと思い
再びヤマダ電機でWiMAXをレンタルすることにしました。

前回と違い、今度は良い製品をレンタル出来るだろうと思っていたら

出された製品がこれ
daibouken2013081901.jpg

(つд⊂)ゴシゴシ

(;・∀・)

2年前と同じ機種を手にするはめになりました…。

どうもヤマダ電機さんはWiMAXの普及に興味がないと
この時に疑惑から確信に変わりました。

でもそんなヤマダ電機さんは、WiMAX回線でMVNOをやっているんですけどねえ…。
【参照リンク先】
YAMADA Air Mobile WiMAX

MVNOとは…
仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、Mobile Virtual Network Operator, MVNO)は、携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のこと。

参照元:仮想移動体通信事業者 - Wikipedia


そして、結果ですが
当然!「回線切断」と「下り速度1メガ未満」という前回同様の結果でした。

そして今回!!

3度目の正直!!
流石にヤマダ電機も分かっているだろうと考えましたが…。

ひょっとしたら、未だに分かっていないかもしれない(;´Д`)

そしてまたコイツをレンタルされるかもしれない。
daibouken2013081901.jpg

そのため、今回は直にWimax本店本舗の方へ申し込むことを考えました。
【サイト】
http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/
daibouken2013081605.jpg

でも、本当にWiMAX本店のレンタルを申し込んで問題ないのか?
一番の問題は「レンタル製品」についてです(゚A゚;)ゴクリ

もうコイツは嫌なんだよ…。
daibouken2013081901.jpg

真っ先に確認した結果…。
daibouken2013082105.jpg

(*´∀`*)

大丈夫のようです。

この結果で、WiMAX本店で「Try WiMAX」をすることを決断しました。

Try WiMAXレンタルを申し込んでみた(3)申し込み方法』に続く。

posted by 除菌さん at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Try WiMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372435539

この記事へのトラックバック