2014年09月17日

【山崎パン】一会一期なパン。「ふわふわシフォン 塩バニラ」を食べた感想を書いてみた。

おやつに「ふわふわシフォン 塩バニラ」という菓子パンを食べてみました。

そこで「ふわふわシフォン 塩バニラ」について調べながら、食べた感想をまとめてみました!

fuwafuwasifon_2014091701.jpg

気分転換に台所に行ってみたら母親から「アンタ、これ食べんね?」と差し出されたのが山崎パン製「ふわふわシフォン 塩バニラ」である。話を聞いてみると本当は甥っ子くんのために買ったものだったが…。

・土日まで甥っ子くんがウチに来ない。
・賞味期限が今日まで。

という理由から自分にお鉢が回ってきたということらしい。

折角のご好意(むしろ残飯処理のような気もするが)をありがたく受け取ることにした。
ブログネタが無くて困っていたので「渡りに舟」である。

で、先ずは山崎パン公式サイトで「ふわふわシフォン」の情報を仕入れておこうと思い検索をしてみるのだが、商品情報を見てもどこにも載っていない。

うん??(´・ω・`)

公式サイト内にある検索も使ってみると、「ふわふわシフォンに一致するページは見つかりませんでした。」と出てきた。

fuwafuwasifon_2014091702.jpg

うーん、どういうことなんだろうか…。山崎パンを語った偽物なのか??
もう一度Googleで検索をしてみると、気になる検索結果を発見する。

それが「今月のおすすめ商品」。

fuwafuwasifon_2014091703.jpg

リンク先を覗いてみても「ふわふわシフォン」は見当たらない。しかし検索結果でココが表示される。

fuwafuwasifon_2014091704.jpg

ここで一つの仮説を思い浮かんだ。「ひょっとして前月までの期間限定商品だったのでは?」

公式サイトには「ふわふわシフォン」が無いが、個人サイトでは「ふわふわシフォン」の紹介や写真があるところを発見する。そしてそれらの更新日を見てみると殆どが2014年8月になっていた。

fuwafuwasifon_2014091705.jpg

ここで「ふわふわシフォン 塩バニラ」は恐らく8月頃の限定商品だったんだろうと推測する。
これはもう二度と味わえない商品かもしれないということで、慎重に味わってみようと思う。

商品の外装はこのようになっている。

fuwafuwasifon_2014091701.jpg

夏向けということもあって、青を中心とした色づかいになっている。「要冷蔵」というから冷蔵庫に入れておいたほうが美味く食べられたかもしれない。残念ながら自分の手元にあるのは冷えてなかった(ヽ´ω`)

では、インスタントコーヒーも用意して頂くことにします。

fuwafuwasifon_2014091706.jpg

袋を開封して、パンを手にするとパン生地がとてもやわらかい。
軽く握った程度でも、うっすらと中身のクリームがパン生地から破れそうなくらいやわらかい。
シュークリームの生地よりも、簡単に中身のクリームが出てくる印象だった。

中身のクリームが出てこないように注意しながら、さっそく味見をする。

クリームの印象は、甘みが無かったのが第一印象だった。
味を例えると塩味のアメ玉のような味覚で食感がクリームといったところ。
ちなみにこちらの塩バニラだが、袋表面に「アルペンザルツの岩塩」を使用しているらしい。
汗をかく夏場には塩分補給が重要なので、これはこれでなかなかおもしろい商品だなあと思った。

それから兎に角クリームのボリュームが凄い。

fuwafuwasifon_2014091707.jpg

パン生地にクリームを入れたというよりも、クリームをパン生地で包んだような感じ。
やわらかいシフォン生地を使用している効果もあってか、クリームが主体になっている印象を受けた。

ごちそうさまでした!

fuwafuwasifon_2014091708.jpg

食べてみた感想としてはウチの甥っ子くんがクリーム大好きっ子なので、これは良いなと思った。
クリームも甘が抑えられている感じも悪くない。
欠点を上げるとしたら、パン生地がやわらかくて袋から出す途中でクリームがはみ出てしまうこと。
しかし、シフォン生地を使っている以上は意図的に欠点でもあり長所でもあったりする。

個人的には、なかなか面白い商品だなという印象。
そして食べるときは冷蔵庫に冷やした状態で食べたかった。次回の反省点である。

ただ次回があるのかは、なんともいえない。
ひょっとしたら来年の夏にも再版されるかもしれないし、されないかもしれない。

また来年でも出会えたらいいな…(´・ω・`)


posted by 除菌さん at 18:58 | Comment(0) | 2014年 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: