2015年02月18日

【野球】侍JAPANの欧州代表戦のテレビ中継の放送局が決定。第一戦は地上波放送。第二戦はBS。

2015年3月10日と11日に行われる、侍ジャパン(日本代表)と欧州代表の試合中継がTBSで放送されることが決まりました。

内容をまとめました。

samurai_2015021800.jpg

ちなみにテレビ放送は下記の通りです。

samurai_2015021801.jpg
【第一戦】3月10日 TBS系列
【第二戦】3月11日 BS‐TBS

第一戦はTBS系列の地上波放送。第二戦はBSでの放送となるようです(´・ω・`)
とりあえずはテレビで放送があることで良かったかなという印象ですが、この辺りを夕刊フジが記事にしてました。

侍ジャパンにテレビ局が“塩対応” 放映権料、広告料で大打撃

野球日本代表「侍ジャパン」の“防衛線”が崩壊した。2013年秋に常設化されて以降、代表戦が初めてテレビ地上波で生中継されない事態となった。

 NPBエンタープライズは16日、3月10、11日に東京ドームで行われる欧州代表との強化試合に出場する日本代表26選手を発表した。那覇市内で会見した小久保裕紀監督(43)は若手中心のメンバーに「思い切ったプレーで自分の名前を売ってほしい」と呼びかけた。

 一方で欧州代表メンバーはいまだ発表されず。NPBエンタープライズの苦心ぶりがうかがえるが、昨秋の日米野球を手がけた読売新聞社の関係者は「グリエルら日本でプレーする有力選手も多いキューバ代表を呼べなかったのは痛恨だ。向こうでリーグ戦があるから断られたと言うが、頼み方にも問題がある。交渉で現地に誰も行かないというのは、われわれの常識では考えられない」と首をかしげる。

 それだけに、テレビ各局は“塩対応”。昨年11月の日米野球では 大リーガーが多数参戦したにも関わらず視聴率は1度も2ケタに届かなかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。出場選手が格落ちといえる今回も苦戦が予想される。

 昨年11月に発足したNPBエンタープライズは初代社長を日本テレビから招聘したが、古巣は今回の中継に手をさしのべず。NPB関係者は「何とかTBSに引き受けてもらった。1試合目の中継は2時間のみだが地上波だけマシ。2試合目はBS(−TBS)だ」と顔をしかめる。

 一昨年の台湾代表戦、昨秋の日米野球(壮行試合含む)は地上波だったが、ついにBS中継に陥落。放映権料、広告料で大打撃だ。17年までに収益40億円という青写真が怪しくなってきた。

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20150217/bbl1502171533008-n1.htm

侍ジャパンの経営状態についてはよく知りませんが、日米野球の視聴率は悪かった模様…。
個人的にはもうちょっとメジャー勢が頑張ってくれたら良かったんじゃないかと思ったんですけど。メジャー勢が本調子では無くてそんな試合を見ることが出来なかったのか、それともそんな試合をさせなかった侍ジャパンが凄かったのか分かりませんが、個人的には面白かったですけど世間的にはあんまり面白くなかったんでしょうか…。

WBCみたいな「負けられない戦い」というわけでもないので、注目度が低くなるのは仕方ないかもしれません。

しかし記事にある、日本テレビが冷たい感じで書かれてますけど「日米野球」は読売新聞が主催者ですから前のめりで放送してくれただけだと思います。基本的にWBCというか侍ジャパン関係はTBSさんの方が力を入れているはずです。TBSさん的には次回のWBC独占放送を考慮してのことだと勘ぐってしまいます。

放送内容についてですが、記事を読む限りでは第一戦は19時放送の21時まで。第二戦は18時から試合終了まで放送してくれるのでは無いかと予想しています(´・ω・`)

以上です。

posted by 除菌さん at 19:50 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: