2015年04月25日

【ホークス】埼玉西武ライオンズ三連戦の初戦は3対3の引き分け(ヽ´ω`)ホークスはせっかくのチャンスを活かせず

2015年4月24日に行われた「福岡ソフトバンクホークス」対「埼玉西武ライオンズ」の試合はホークスの先発が中田投手、対する西武は牧田投手でした。

今日の試合内容と感想をまとめてみました。

hawks_2015042400.jpg

【今日のハイライト】


ソフトB延長12回無死満塁生かせず、西武とドロー

西武は1回、秋山の2号ソロで先制。その裏、ソフトバンクに逆転を許したが、3回に浅村、中村の適時打で逆転した。ソフトバンクは6回に李大浩、松田、明石の3連打で同点に追いついた。先発中田は4回に得点圏に走者を背負うも切り抜けた。終盤に入ると両チームの救援陣が無失点でしのぎ、延長戦に突入した。ソフトバンクは12回裏に無死満塁の好機も無得点だった。試合は3−3の引き分けに終わった。

引用先:http://www.nikkansports.com/baseball/news/1466172.html

工藤監督12回無死満塁から0「負けた訳じゃない」

ソフトバンク工藤公康監督(51)が今季2度目の引き分けにも、前向きだった。「負けた訳じゃないんだ! また明日がんばりましょう」。9回以降は押せ押せの展開。12回裏無死満塁では、高谷の左飛で代走川島がタッチアップを狙ったが、ブロックに阻まれ、生還できず。しかし5人のリリーフ陣が無失点で切り抜け、チームを支えた。工藤監督は「みんなが抑えてくれたから、こういうゲームになる」とブルペンの奮闘をたたえた。

引用先:http://www.nikkansports.com/baseball/news/1466608.html

いやあ(ヽ´ω`)勝てませんでした…。結果は引き分けでしたけど個人的には「負けに等しい引き分け」だったなと思います。色々と逆転のチャンスがあったんですけどねえ…。まあ明日に向けて頑張って欲しいです。

今日の試合内容ですが、先ずは投手陣についてから

hawks_2015042401.jpg

今日の先発の中田投手ですけど6回途中で降板になりました。今日の成績は7回表まで球数95と球数が多かったですが、6被安打2与四死球で3失点で切り抜け奪三振が6と調子は普段より良い部類だったと思います。でもなりよりも試合はキッチリと作ってくれたところが一番の評価ポイントではないかと思っています。しかし中田投手の場合は、良し悪しは単純に語れないところが難しいです(;・∀・)例えば今日の試合だと1回表の先頭打者にいきなりホームランを食らったかと思えば、2回表で三者三振で終わらせるという芸当を見せるということもあり、個人的には内容より結果で評価した方が良いかな考えてます。

そして今日のゲームの主役は中継ぎ陣でした。7回途中から登板した森福選手が2球で仕留めて、8回は五十嵐投手、9回と10回はサファテ投手、11回はバリオス投手、そして12回は森投手と盤石の投手リレーで西武相手に無失点で切り抜けました(*´∀`*)バリオス投手のところはチョットヒヤリとしたけど結果オーライです。ホークスの場合は先発と打撃陣が仕事をしてくれたら、現在のところ中継ぎと抑えが盤石なので安心して勝利の報告を待つことが出来ます。

そして森福投手は、100ホールド達成おめでとうございます。
ソフトB森福100ホールドも「通過点。積み上げる」

ソフトバンク森福允彦(まさひこ)投手(28)がプロ18人目となる通算100ホールドを達成した。3−3の同点で迎えた7回1死二塁の場面で登板。わずか2球で2つのアウトを奪い、ピンチを切り抜けた。
「通過点です。まだ始まったばかりなので積み上げるチャンスはある。一度はクビになると思ったこともあった。しびれる場面はしんどいけどやりがいを感じる場所ですね」
07年にプロ入り直後は伸び悩んだが、08年秋からサイドスローに一本化したことで、左右の揺さぶりでアウトを重ねる現在のスタイルを確立、現在のポジションをつかんだ。172センチ、67キロと体格には恵まれていないが、09年に初ホールドをあげて以来、7年かけてたどりついた節目の記録だった。

引用先:http://www.nikkansports.com/baseball/news/1466612.html

その今日の打撃陣ですが、初回は良かったのですが終盤のチャンスを尽く逃した感がありました。

hawks_2015042402.jpg

先ずは初回の攻撃で、西武の秋山選手に先頭打者ホームランを打たれてから追いかけるところで、4番内川選手が同点タイムリーそして6番松田選手が追加点を取ってくれました。



その後3回表に西武に2失点してしまい再び追う側になってしまいますが、6回裏の攻撃で5番イ・デホ選手のヒットから6番松田選手と7番明石選手の3連打で再び同点になります。



延長戦に入って10回裏と12回裏にサヨナラのチャンスがありましたが、決勝打が出ませんでした…。残念です。まあ取り敢えずは負けなかったことで良しとしたいところですが、チャンスが多かっただけに勝てなかったもどかしさはあります(ヽ´ω`)

今日の結果を踏まえたパ・リーグの順位表ですが、ホークスは変わらずの2位となっています。ただ首位日本ハムが勝利したためにゲーム差が1.5に開いてしまいました(´・ω・`)すぐ後ろに1.5ゲーム差でライオンズが迫ってきてます。

hawks_2015042403.jpg

明日の予告先発ですがホークスは摂津投手、対する西武は野上投手になります。

以上です。

posted by 除菌さん at 05:28 | Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: