2015年04月28日

【ギラヴァンツ北九州】2015年第9節の対戦相手は京都サンガFC(´・ω・`)2対0で連敗…。

2015年4月26日に西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われたシーズン第9節の「ギラヴァンツ北九州」対「京都サンガFC」との試合は2対0で京都サンガFCに敗北しました(ヽ´ω`)

試合内容について感想をまとめてみました。

giravanz_2015042600.jpg

【今日の試合ハイライト】


うーん(ヽ´ω`)不調だった京都サンガFCに敗れてしまいました。まあ試合に負けたのは仕方がないだけど、かシュート数が3ってどうなのよ…。

giravanz_2015042602.jpg

監督のコメントを見ると、「後半は相手が引いてしまった」とのことらしいですが素人からすると相手が引いた分、攻めるチャンスが出てくると思うところなんですけど、更にコメントを読むと「引いたことによってスペースが無くなった」と言われてます(´・ω・`)このスペースが無くなった為にパスが出しづらくなったというのは監督以外にも選手もコメントされています。

柱谷監督のコメント
 (前略)
後半は背後ついていこうと選手に伝えて送り出したのですが、相手が引いてしまってなかなか背後をつけない状況になってしまいました。
 (中略)
Q、なかなかチャンスを作れなかったが、攻撃はどういった狙いがありましたか?
A、なかなかスペースを見つけられなかったと印象です。前半、何回かいい形で背後を突けたところがあったので、ああいうところをしっかりシュートに結び付けて、結果的にゴールを獲るというように持っていかないと、勝ちゲームというは作れないです。2試合連続で得点がなく、得点が獲れないと勝ち点3は取れないので、チャンスを多く作り出して、それを決めきる力をつけないといけないです。
 (以下略)

MF11 井上 翔太選手のコメント
 (前略)
Q:相手が引いてきてやりづらかったですか?
A:引いたこともありますけど、攻撃時の味方同士の距離感も悪かったし、前の選手にボールが入っていかなかったですね。
 (以下略)

MF17 加藤 弘堅選手のコメント
(前略)
Q:この試合のようなサッカーだと前線の選手が走ってボールを引き出してくれないと厳しいと思いますが?
A:うちの選手は足元と裏と使い分けられますけど、裏のスペースが少なかったですね。ただ、その使い分けを僕ら中盤が作ることができれば、裏のスペースもできてくるのかなとは思いますけど。

Q:最後は強気で攻めるというよりはパスを散らした攻撃が多く見られましたが?
A:正直、1点獲られて時間が少なくなる中で京都がうまくゾーンを引き始めて、隙をなかなか見つけられなかったです。そこでどううまく崩すかは、質だったり能力だったりするので、その点は反省点だと思います。

引用先:http://www.giravanz.jp/game/report/2015/match9.html

これらの発言を読む限りだと京都サンガの方が上手くゲームコントロールをしたと言うことなんでしょうね。
ともあれこれで連敗になってしまいました(ヽ´ω`)

今日の試合の結果を踏まえた順位ですが、1つ下げて15位です。

giravanz_2015042603.jpg

次の試合は現在6位と絶好調な愛媛FCとのアウェイでの試合となります。相手が絶好調なだけに戦々恐々ですわ。負けるにしてもせめて1つでも多くゴールを決めて欲しいところです(´・ω・`)

以上です。

posted by 除菌さん at 17:28 | Comment(0) | ギラヴァンツ北九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: