2015年04月29日

【ホークス】今日から札幌で北海道日本ハムとの2連戦。結果は3対1で負けました(ヽ´ω`)1点じゃ勝てませんよ!!

2015年4月28日から札幌ドームで、「福岡ソフトバンクホークス」対「北海道日本ハムファイターズ」の第3回戦。先発はホークスが大隣投手、対する日本ハムがメンドーサ投手でした。

今日の試合内容と結果をまとめてみました。

hawks_2015042800.jpg

【今日のハイライト】


おおお…(ヽ´ω`)負けました。これで3連敗です。さすがに連敗が重なると凹みます。負けた試合なのでサッサとまとめたいと思います。

先ずは今日の投手陣からですが、「投手陣」と書いても投げたのは先発の大隣投手だけです(;・∀・)

hawks_2015042801.jpg

今日の大隣投手については8回裏まで最後まで投げ切ってくれました。内容は球数103球で被安打5、与四死球3で3失点。先発としては文句なしの内容でした(´・ω・`)ただそんな大隣投手でも悔やまれたのが6回裏の満塁策での場面。相手打者はハーミッダ選手で既に2ストライクまで来ていたのですが…。



ど真ん中にいったボールを見事返されちゃいました(ヽ´ω`)あの場面、捕手の鶴岡選手が恐らく「低め」かもしくは「外側」といった合図を送っていたのですがボールが変化しませんでした…。結局はこのハーミッダ選手のヒットが決勝点になってしまいました。スポーツ記事を読むと大隣投手も悔しい投球だった様です。

ソフトB大隣が今季初黒星「悔いの残る1球だった」

ソフトバンク先発大隣憲司投手(30)が1球に泣き今季初黒星。チームは今季初の3連敗となった。
1点リードの6回だった。2死二、三塁から4番中田を歩かせ2死満塁。続くハーミッダとの勝負を選択したが、2−2からの直球が真ん中へ甘く入り、右中間を破られる走者一掃の逆転3点二塁打を許した。 「悔いの残る1球だった。悔しい」。試合後も悔やんでも悔やみきれない表情だった。

引用先:http://www.nikkansports.com/baseball/news/1468527.html

ただ失策はその場面だけで、それ以外はは文句無しの投球内容でした。

問題は今日の試合で3安打しかヒットが無かった打撃陣の方だなと思います。

hawks_2015042802.jpg

今日の試合でヒットを打ったのは中村選手と内川選手、そして柳田選手の3人だけでした。流石に3安打じゃ勝てないですわ(ヽ´ω`)そんな3安打の中で調子が良かったのが柳田選手。前回の試合に続いて今日もホームランを打ってくれました。



ホント調子が絶叫調じゃないかと思われます(´・ω・`)明日も宜しくお願いします。

さて今日の試合内容を踏まえたパ・リーグの順位についてですが、ホークスは3位のままですが首位日本ハムとのゲーム差が3.5ゲーム差まで広がってしまいました…。

hawks_2015042803.jpg

明日の予告先発ですがホークスは武田投手、対する日本ハムが中村投手になります。

なんとか明日は勝って1勝1敗でこのカードを乗り越えて欲しいところです(´・ω・`)
以上です。

posted by 除菌さん at 04:51 | Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: