2015年05月27日

【迷惑】中国から無言電話が掛かってきた。そして謎の市外局番「(0)12」はいったい…

ある日携帯電話に突然、中国からの国際電話が掛かってきたのですが、色々と不可解の内容だったために、今回の事案をまとめてみました。

mugon012_2015052701.jpg

日が変わって間もない深夜に突然、携帯電話の呼び出しが鳴りました。「こんな時間に誰からだろうか?」と思いつつ携帯電話を見てみると今までに見たこと無い電話番号が携帯のディスプレイに表示されていました。

「+」で始まる謎の電話番号。携帯の設定で常時、留守番機能にしているために自動で電話を受け取り、アナウンスで伝言を残す様に相手に伝えたあと電話先の相手がずっと無言のまま電話を切りもせず時間いっぱいまで電話を繋いだ状態にしていました。

あまりにも珍しい電話番号で無言という気味の悪い対応だったので、早速ネットで色々と調べてみることにしました。結果、携帯電話のディスプレイに表示された「+86」が国際電話のときに表示される番号だということが分かりました。ちなみに該当する「+86」は中華人民共和国を意味する国番号となっているようです。

管理人には中国人の知り合いは全く存在しないので尚の事、気分を晴らすために調査出来るところまで調べてみることにしました。

分かったことをまとめると、中国の電話番号について「携帯電話」と「固定電話」の違いが桁数で判別できることがわかりました。要点をまとめると下記のとおりです。

携帯電話:11桁(+86-xxx-xxxx-xxxx)
固定電話:10桁(+86-xx-xxxx-xxxx)

今回掛かってきた電話番号を調べると国番号を除いた桁数が10桁なので固定電話から掛かってきたことが分かりました。さてこうなると今度は中国のどこから掛かってきたのか?ということになります。今度は中国の市外局番について調べてみることにしたのですが、該当する市外局番が見当たりませんでした。ちなみに中国の市外局番で最初の一桁が「1」を示すのは北京を意味するようです。

mugon012_2015052702.jpg
参照先:ウィキペディアより(中国語版英語版

市外局番 北京:10
市外局番 上海:21
※ちなみに中国本土では市外局番は3桁となっており先頭に「0」が付くようです。北京なら「010」、上海なら「021」。

さてこうなると市外局番「12」とは一体なんなんだろか?現地の番号に直すなら「012」ということになるのだろうが、該当する番号が見当たらない。北京市近郊の電話番号な感じもするがどうも違うっぽい。

考えられるとしたら政府機関・官庁が利用している番号ってことなんだろうか。もしくは人民解放軍??…。どちらにしろ公になっていないと思われる電話番号ではないかと思われます。今回のような市外局番「(0)12」から掛かってきているという報告はTwitter上にも上がっていました。




うーん(´・ω・`)目的は一体なんなんでしょうか。単純に間違い電話なのだろうか?とても気になるところです。ただ残念ながら自分の力ではここまでが精一杯でした。

ただ今回のような電話は現在のところ、今回限りで特に後日同じような電話はありませんでした。私のような中国人の知人がいないような方は不用意に折り返し電話するようなことは止めておいた方が良いかと思われます。しかも尚更怪しい市外局番から掛かってきたとなると気味が悪いです。

以上です。


posted by 除菌さん at 18:17 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: