2015年09月01日

【北九州市】早朝から若松区の工場で水蒸気爆発の内容をまとめてみた

2015年9月1日、午前6時20分頃に若松区の洞海湾側にある「新興アルマー工業」の第一工場から大きな爆発があり、辺りが騒然としました。

事故当時の様子をまとめてみました。

wakamatsu_2015090100.jpg

北九州市 化学工場で爆発火災 けが人なし

1日朝、北九州市にあるアルミニウムの製造と加工を行う工場の敷地内で爆発が起き火災が発生しましたが、従業員は全員避難してけがはなかったということです。
1日午前6時20分ごろ北九州市若松区にあるアルミニウムの製造・加工会社「新興アルマー工業」の第一工場で爆発音がしたという通報が警察と消防に相次ぎました。消防が消火にあたった結果、火はおよそ2時間30分後にほぼ消し止められましたが、工場の屋根や壁などおよそ400平方メートルが焼けました。工場内には溶けたアルミが高温のまま残っているということです。
警察によりますと、工場は24時間稼働していて、出火当時、6人の従業員が作業にあたっていましたが、全員避難してけがはなかったということです。
会社の担当者はアルミニウムを溶かす過程で誤って水に触れて水蒸気爆発が起きたのではないかとしています。
工場の近くに住む70代の男性は「ドーンという音がして家が揺れた。雷が落ちたか、大型の花火でもあげたのかと思った」と話していました。
現場は、JR筑豊線の藤ノ木駅から南西に500メートルほど離れた海沿いに工場が建ち並んだ地域です。

引用先:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150901/k10010211711000.html






爆発のあった工場近辺の地図


工場近くにあるJR藤ノ木駅に居合わせた方?


若松側に住んでいる方々のツイート











洞海湾の対岸である八幡方面でも爆音が聞こえた模様。八幡方面まで聞こえたとなると工場から約半径3キロ付近まで爆音が届いたと思われる。
wakamatsu_2015090101.jpg





水蒸気爆発は日常茶飯事なのかな?


工場近辺を走るJR若松線は、今回の事故に関係なく通常運行だったもよう


とりあえず怪我人がいなかったのは不幸中の幸いだったと思います(´・ω・`)
石峰山から高塔山の方に工場から煙が流れていたようだったので、現地の方は不安だったんじゃないでしょうか。かなり大きな爆発だったようですが、管理人は当時は熟睡していたので全く気が付かなかったですww

話はチョット逸れて、夜中に藤ノ木の工場にある煙突から火柱のようなものが上がっている風景w高塔山の展望台から見るのが個人的に好きだったりします(´・ω・`)

以上です。


posted by 除菌さん at 19:48 | Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: