2015年09月03日

【ホークス】延長戦12回の末、5対4で逃げ切り勝利(;・∀・)柳田選手のホームランが決勝点になりました。

2015年9月2日に行われた「福岡ソフトバンクホークス」対「埼玉西武ライオンズ」との第23回戦はホークスの先発がバンデンハーク投手に対して、西武が郭投手でした。

今日の試合内容と感想をまとめてみました。

hawks_2015090200.jpg

【今日のハイライト】


今日の投手陣についてですが、今日の先発であるバンデンハーク投手の投球内容を見ると、5回までの登板で球数が104球のうち被安打が5、与四死球が3、奪三振が6で3失点という内容でした。前回の登板内容が良すぎるということもあってか今日は出来が悪かったなあというのが印象です。特に5回までの登板で球数が100球を越えているのは西武打線にしてやられたといったところでしょうか。それでも奪三振を6つ取っているところは流石だと思います。

hawks_2015090201.jpg

そして今日のリリーフ陣ですが、6回に岩嵜投手、7回に森投手。8回と9回にに五十嵐投手、
10回と11回を柳瀬投手、そして最終回をサファテ投手がそれぞれ登板しています。今回は8回に登板した五十嵐投手が1失点を浴びてしまって同点にされはしましたが、その後を無失点で切り抜けることが出来ました。特に昨日の試合で失点した柳瀬投手が延長11回に満塁のピンチを無失点で切り抜けたのは良かったです。見事、汚名返上を果たしてくれました。

hawks_2015090202.jpg

今日の打撃陣についてですが、初回に4得点、そして延長戦で1得点の計5得点をあげました。チーム11安打と打つに打ちまくった試合でしたが、ただ試合全体を見ると初回を除いてはヒットは出るけど点にならないイニングが多かった印象です。

先ず昨日の鬱憤を晴らすように初回から4得点を上げました。先頭打者の川島選手がヒット、柳田選手が四球で塁に出ると、打席に入った内川選手がレフトフェンス直撃のヒットで2点を先制します。



その後もイデホ選手やカニザレス選手にもヒットを打たれて4得点あげました。

しかしそれ以降にもヒットは出るけど打線が繋がらない状態になっている合間に、西武が徐々に追い上げてきて8回裏に同点に追いつかれて延長戦となります。そして延長戦12回の先頭打席に入った柳田選手が自身29号となるソロホームランで追い越すことに成功しました。



これでトリプルスリーの条件となるホームラン数30本まで、あと1本となりました。あとは盗塁の数だけですね(´・ω・`)

今日の試合を踏まえたパ・リーグの順位についてですが、2位の日本ハムが負けたので優勝マジックが2つ減って16となりました。

hawks_2015090203.jpg

明日の予告先発ですがホークスは摂津投手、対する西武が牧田投手が登板予定となっています。
以上です。

posted by 除菌さん at 22:34 | Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: