2015年10月15日

【ホークス】クライマックスシリーズ ファイナルステージ開幕。初戦は内川選手のサヨナラ打で勝利(*´∀`*)さすがキャプテンです。

2015年10月14日に行われたクライマックスシリーズ ファイナルステージ。組み合わせはパ・リーグ優勝チーム「福岡ソフトバンクホークス」と3位の「千葉ロッテマリーンズ」です。初戦はホークスの先発が武田投手、対するロッテが大嶺投手でした。

今日の試合内容と感想をまとめてみました。

hawks_2015101400.jpg

【今日のハイライト】


今年のクライマックスシリーズの対戦相手が「千葉ロッテマリーンズ」ということで嫌な感じで地上波やBSにチャンネルを変えながら試合を見てました。地上波ではRKBの放送で解説が秋山前監督と今年引退した埼玉西武ライオンズの西口さんがテレビに出てました。両軍の監督も元西武ライオンズ出身とライオンズに縁ある人たち一杯でした。

一方BSでは、NHKが球場に設置したカメラ映像をもとに、投球の軌跡や変化量、打球角度・初速度などの各種データを自動で取得する「PITCHf/x」というシステムが公開されてコチラも試合中継がとてもおもしろかったです。

で、関心の試合のほうは延長戦になってどうなるやらと思いましたが、なんとか延長10回のチャンスをモノにして勝利することが出来ました。ホント短期決戦は心臓と胃に悪い試合です(ヽ´ω`)

hawks_2015101401.jpg

今日の投手陣についてですが、先発の武田投手が5回途中満塁の場面で降板して千賀投手が満塁のピンチを無失点に抑えてくれました。



これは見ているこっちは失点覚悟でヒヤヒヤしましたが、よくぞ無失点に抑えてくれました(;・∀・)いつもなら武田投手に任せる場面ですが、短期決戦ということもあって早めの継投を用意してきました。ここを抑えたことでこれ以降のロッテの打線が2安打と勢いを止めることが出来ました。個人的には今日の試合の勝負を分けた采配だったと思います。

hawks_2015101402.jpg

そして今日の打撃陣についてですが、3回表にロッテに2点先制された後の裏で死球を受けて怪我していた柳田選手が問題無いと言わんばかりの同点ホームランを放ちました。



ロッテに先制されて嫌な雰囲気になっていた直後だけに、勢いを取り戻すホームランでした(;・∀・)何よりも柳田選手が打ったということがインパクトがありました。

そして延長10回の攻撃で、先頭打者の上林選手が振り逃げで塁に出ると、明石選手がバント、代打の長谷川選手がヒットで進塁、柳田選手が四球を選び1アウト満塁の場面で打席に入った内川選手がライト方向へのサヨナラ打で今日の試合を決めました(*´∀`*)



短期決戦の初戦は取れたのは大変大きいです。なんせクライマックスシリーズが始まる前のリーグ戦では負け続きで、しかも対戦相手がロッテということもありトラウマ払拭まであと2勝です(´・ω・`)明日もこの調子でお願いします。

明日の予告先発はホークスがバンデンハーク投手、対するロッテが古谷投手が登板予定となっております。

ちなみにヒロインで内川選手が言っていた「犯人探し」の行方ですが、公式さんのほうでコメントされていました。


まさかのコナンネタで来るとは…(ヽ´ω`)

以上です。


posted by 除菌さん at 05:16 | Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: