2015年11月11日

【プロ野球】千葉ロッテマリーンズの今江選手がFA行使。2年間で状況がここまで変わるとは思わなかった。

npb_fa_2015111100.jpg

ロッテの今江選手がFA行使ということでロッテ退団が決定的となった。今年のFA市場は、ホークスの松田選手が海外かホークスの選択しかしないようなので、ロッテの今江選手が注目されることになりそうです。

ロッテ今江涙の退団移籍 球団はFA宣言残留認めず

ロッテ今江敏晃内野手(32)が10日、保有している海外フリーエージェント(FA)権の行使を表明した。シーズン終了後に球団と交渉を重ねてきたが、悩んだ末に決断した。球団は「宣言残留」を認めていないため、プロ入りから14年間在籍したロッテを退団することが決まった。海外移籍は考えておらず、今後は国内他球団への移籍を目指す。
(中略)
補償が高いAランクの選手で、手を挙げる球団は限られる可能性がある。ただ、同じ三塁手でFA宣言したソフトバンク松田は移籍は海外のみを選択肢としており、今江の市場価値は高まっている。(以下省略)

引用先:日刊スポーツ

個人的には今江選手と言えば千葉ロッテマリーンズの顔とも言える選手だったので、今江選手のFA行使は意外で、年俸ランクがランクA(各球団の日本人選手における、年俸順に上位3位まで)という立場もあるのでロッテ球団もそう手放さないじゃないかと思っていたんですけど。ただ今日のスポーツ紙を見るとロッテ側から今江選手に対して突きつけられた更新内容が「単年&減俸」という内容らしい。

今回、球団側から提示された条件は単年で年俸もダウン。2度の残留交渉で溝が埋まることはなかった。

引用先:スポニチ

たしかに今年の成績を見るとシーズン中盤で怪我したこともあり成績が振るわなかったのも仕方ないけど、ロッテの顔というには複数年の契約でも良かったんじゃないかと思う。2013年の記事と見比べるとどうしてこうなったんだろうなあ。

今江FA行使せず残留 生涯ロッテ宣言

ロッテ愛を貫いた。今季海外FA権を取得したロッテ今江敏晃内野手(30)が9日、権利を行使せず残留することを表明した。千葉・鴨川市の秋季キャンプで「残ることに決めました。球団から必要と言っていただいてすごくうれしかった」と話した。今季は4番としてAクラス入りに貢献。2年契約で総額4億円程度を提示されたとみられ「できればずっと、ロッテのユニホームでプレーできるのが一番」と“生涯ロッテ宣言”も飛び出した。今後正式に契約更改交渉を行う。(以下省略)

引用先:日刊スポーツ

個人的には「生涯◯◯◯」や「◯◯◯愛」というフレーズは信じてないだけに、悔いのない選択を選んで欲しいところ。ちなみに移籍先の候補は、個人的にはホークスの吉村選手を狙っていたオリックスが有力なんじゃないかと思っていた。しかしオリックスは見送る方向で楽天が動くらしい。

FA権を行使したロッテ・今江を、楽天が獲得に向けて調査することが明らかになった。楽天の主力は銀次、藤田ら左打者が多く、右打ちの強打者は今オフの補強ポイント。今季取得した国内FA権を使わず残留を決めたヤクルト・畠山が権利を行使していた場合には、調査に動く可能性があった。
(中略)
一方、かねて今江の調査を進めていたオリックスは、獲得交渉については見送る方針となった。

引用先:スポニチ

こうしてみると「捨てる神あれば拾う神あり」だなとシミジミ思う(´・ω・`)

以上です。

posted by 除菌さん at 12:45 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: