2015年12月09日

年末に配布される会社からのシステム手帳が、今にしてゴミだなと思った

tecyo_2015120900.jpg


前日のニュースで「和民はブラック企業」というイメージを定着させることになった、従業員の過労死について一億三千万の和解金で決着というニュースがありました。


このニュースの翌日以降に、ワタミの会長(社長だっけ?)の渡辺美樹氏の手帳術を皮肉る記事を見て
「そういえば、もうそろそろ会社からシステム手帳を配布される季節だな」と何気に思った。(タイトルの「手帳術」という題目だけが目に付いて、記事中身は特もワタミの時代の流れについていけなかったことを皮肉っていて、とくに手帳術はそのものは関係なかった)

tecyo_2015120901.jpg

年々、以前勤めていた会社から表紙を自社のロゴを入れたシステム手帳を頂いてはいたけど、年始めに「今年は使ってみるか」と意気揚々と使用するが、年が終わるころにはいつの間にか全く使用せず来年のシステム手帳を新たに貰い、そして年始めに改めて「今年こそは!」繰り返しだった。

こんな感じで一年通して使用することが無かったけど、現在改めて考えてみると会社から配られるシステム手帳ってゴミだなという考えに至る。

まず会社から配布されるシステム手帳をゴミだと思うタイプは2種類だと思う。
1:そもそもシステム手帳なんて使用しない人。
2:既に自分専用のシステム手帳を持っており不要な人。

1の人は普段から使用していない(以前の自分のことです)ので、会社から配布されたシステム手帳を使用することはない。こういうモノは「必要」にならないと所持していても「ブタに真珠、猫に小判」「宝の持ち腐れ」状態になるのはよくある話。

今現在の自分は2に当て嵌まるわけだが既に自分が使用しやすいモノを持っているだけに、配布されても使い勝手の悪さのため使用することがない。そして捨てちゃうのも勿体無いと考えて机の中や本棚にポイと置いておいて、翌年にまた貰ってどうしようかと考えて去年と同じく机の中や本棚にしまうときに去年のモノを見つけるパターンになる。

意外と無料で手に入れたモノってその場ですぐ使用しない限りゴミになる(だからといって有料で手に入れたものがゴミならないとは言ってはいない)。なのでこんなモノにお金使うぐらいなら少しでも給与や昇給に回してくれたほうがありがたい。100円程度ぐらいしかならなだろうけどね。

これらの経験則からの結論として、会社からシステム手帳を貰って不要だと思ったら必ずゴミになるので今すぐ捨てちゃった方が良い。


アイリスオーヤマ ダストボックス メタル L MSR-09
しかし何で会社もわざわざ、全員が使用するわけでもないのにシステム手帳を受注してまで作ろうとしているだろうか…。この辺の事情はさっぱり不明。経費に計上させるためにやっているのかな?

以上。

posted by 除菌さん at 19:24 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: