2016年01月21日

色々と急かされて「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」を10年目にしてクリアしたよ(理由編)

zelda_2016012100.jpg

今年で発売から10週年を迎える「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」を、昨日やっとクリアしました。実は発売されてから2年ほど前に空いている時間を使ってプレイしていたのですが、まあ色々と忙しくなって結局途中で放置した状態のままでした。

zelda_2016012101.jpg

上記画像で1番目のセーブデータが2008年に途中までプレイしていたモノ。プレイ時間が17時間で止まっている。3番目のセーブデータが今回クリアするまで使用したセーブデータ。プレイ時間は50時間を超えている。ちなみに2番目のセーブデータは甥っ子くんが現在途中まで遊んでいるモノ。

で、なぜ10年経とうとしている「トワイライトプリンセス」を今になってクリアしたのかというと理由が二つあります。

1つは今年3月にWiiU版の「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD」の販売が決まったことでした。

zelda_2016012102.jpg
(画像はニンテンドーダイレクトで発表されたモノ)



以前にも同じくHD化した「ゼルダの伝説 風のタクトHD」がWiiU版で販売されたときも「え?風のタクト、HD化しちゃうの??Σ(゚Д゚)ヤバイ、まだクリアしてなかった!!」ということでその時も急いでオリジナル版であるGC版の「風のタクト」をクリアしたことがありました。で、今回もHD化が理由でオリジナルの「トワイライトプリンセス」を急いでクリアすることにしました(;・∀・)

でもうひとつの理由ががウチの甥っ子くん。
以前に「ムジュラの仮面」をプレイしてからは続けて「時のオカリナ」をプレイして、続けて3DS版の「時のオカリナ3D」を購入してクリアしてしまい、更に年末に発売された「ゼルダの伝説 トライフォース3銃士」にハマっている状況です。おまけに今月末には「ゼルダ無双ハイラルオールスターズ」まで買おうとしていて、すっかりゼルダファンとなってしまいました(;・∀・)



そんな甥っ子くんがが正月早々に

「僕、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の動画を見てるんだ〜」

と伯父の私に一生懸命「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」を説明するわけですよ(;・∀・)単に説明するだけなら問題はないのですが、これは前フリで要は

「スカイウォードソードをやりたい!」

という意思表明を私にしているわけです。そのことを分けっていながら、念の為に確認として甥っ子くんに

「ひょっとしてスカイウォードソードやりたい?」と聞けば
笑顔で「うん」と返事してくるわけです。

流石の甥っ子くんに笑顔満開で期待されてはそれに応えない伯父がどこの世界にもいるわけもなく、ここは積みゲーとして一度も開封すらしていない「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」を開封する良い機会だと思いました。

しかし上記のとおり「トワイライトプリンセスHD」のことが前提にある私としては、最優先事項は「トワイライトプリンセス」であるために、甥っ子くんには申し訳ないけど「おいちゃんが今プレイしている『トワイライトプリンセス』をクリアしてからでも良いかい?」という条件を承諾させたことで、今か今かと甥っ子くんに会うたびに

「おいちゃん!!トワイライトプリンセス、もうクリアした?」と聞いてくるので、その度に急かされて「トワイライトプリンセス」を頑張ってプレイしてました。

そして嫌らしいことに、甥っ子くんはYouTubeで「トワイライトプリンセス」の実況動画を見ていたらしく、色々と知ってから知らずかストーリーや謎解きのネタバレを喋ってくる口撃で私に早くクリアしてとプレッシャーを掛けてくるのには流石に参りました…(ヽ´ω`)

甥っ子よ、オイチャンはじっくり「ゼルダの伝説」をプレイしたいんや…。

zelda_2016012103.jpg
(画像は甥っ子くんがうっかりネタバレを話しちゃった時にショックを受けた時の私)

という上記のことがありながら急かされた結果「トワイライトプリンセス」を販売10週年目前でなんとかクリアすることが出来ました(;・∀・)めでたし、めでたしです。

ちなみにゲーム内容の感想は後日にでもまとめたいと思います。
ではでは。

追記(2016/01/22)
「トワイライトプリンセス」の感想をまとめました。
色々と急かされて「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」を10年目にしてクリアしたよ(感想編)
http://rarry2013.seesaa.net/article/432879576.html

posted by 除菌さん at 00:50 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: