2016年01月28日

おかしな誤訳のGoogle翻訳の見つけたよ(´・ω・`)だれか修正してあげて!

goodreads_2016012800.jpg

ちょっとある事項についてネットで検索していまして、その辿り着いた先が英語のフォーラムサイトで、英語が不得意である管理人はよくGoogleの翻訳機能を使用して閲覧しているのですが、その調べていた先で見かけたこちらの文章が目に付いた。

goodreads_2016012801.jpg

「楽天ブックスのような最も人気のあるサイト」
え?楽天って英語圏でも有名なのかΣ(゚Д゚)さすが自社で英語しか使用出来ない会社やなとチョット驚いたわけなんですけ、でもすぐに「なんか嘘くさいなあ…」と思い立って英語本文の方を読んでみたわけですが、何故か「Rakuten」の文字が全く見当たらない。

これはどういうこと??

気になったらトコトン調べないと気がすまない性格なので、本来の作業をちょっと置いてこっちの方を調べてみることにした。で、「楽天ブックスのような最も人気のあるサイト」にあたる英文箇所を抜き取って別途Google翻訳にしてみるとこうなった。

goodreads_2016012802.jpg

"the most popular website like goodreads"
(楽天ブックスのような最も人気のあるサイト)

うん(´・ω・`)絶対オカシイ!!
で更にピントを絞って、「楽天ブックス」に該当する英単語「goodreads」で別途Google翻訳で見ると

goodreads_2016012803.jpg

どうなってんのこれ??(;・∀・)
ひょっとしたら実は海外では楽天ブックスは「goodreads」の名前で商売しているのかなと思い「goodreads」でGoogle先生に伺ってみると、該当するものがWikipediaを始めとした検索サイトに色々と引っかかった。で、Wikipediaの内容を閲覧すると…。

Goodreadsは2006年12月に創業し2007年1月に公開したウェブサイト及び運営会社名である。誰でも無料で他の利用者が追記した書籍情報や注釈、批評を閲覧できる。アカウントを作成することで個人用ページに図書目録や読書リストを、公開ページとして推薦図書や議論のグループを作成することができる。

引用先:https://ja.wikipedia.org/wiki/Goodreads

なるほど(´・ω・`)「goodreads」はどうやら英語圏で書籍の感想などを共有しているサイトのことらしい。そして楽天ブックスとは一切関係が無い模様。
さて問題は、なんで「楽天ブックス イコール Goodreads」となっているかだけど…どうやら翻訳ミスのようです。(どうしてこうなった!)

一応、翻訳のミスを指摘出来るようになっているけど問題は「goodreads」を和訳でどう訳したら良いのかなんだよなあ…。ふつうに「グッドリード」とカタカナ英語で申請しちゃっていいものやらどうやら…(ヽ´ω`)

とりあえず面白ネタなんで、とりあえずこのまま「放置」しておこうかと思います。ですがもし英語に強い方、もしくは和訳の上手な方がいたら私の代わりに素晴らしい和訳を付けて修正申請をしてあげて下さい。よろしくお願いします(他力本願)

以上です。


posted by 除菌さん at 19:42 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: