2016年03月01日

ドットインストールで「Java入門」を勉強してみた感想

dotInstall_2016030100.jpg

タメになるのかならないのか分からないままJavaの勉強をしているわけですが、手元にある分厚い本を読むのが億劫になって「もっと効率の良い勉強方法がないのかな」と思い、気分転換も兼ねて「ドットインストール」というプログラミング学習サイトでJavaの入門動画を全部視聴していました。

Java入門 (全23回)
url:http://dotinstall.com/lessons/basic_java


動画1本あたり3分未満で、それが合計23本あるので時間に換算すると約70分ぐらいでJavaの基本が分かる内容となっています。

ただ個人的な感想としては「正直、物足りなかった」というのが印象的でした。
内容が主にJavaの条件分岐やデータ型などに関するものが8割から9割を占めていて、最後にmathクラスやCalendarクラスを少し扱っている程度。
個人的には、例外処理や抽象クラス・匿名クラス、クラスの継承やインターフェースなんかも扱って欲しかっただったんだけど、そこまでやると「入門」レベルを超えちゃうだろうなと。

これ以上知りたければ、書籍や他のサイトで地道に調べるしかないだろう…。
出来ればそのあたりをドットインストールさんの方でも中級者レベルの動画を作ってもらいたいところだけど、仮に作ったとしてもプレミアムユーザー向けになるから、それはそれで(お金を払いたくない)。

念の為にドットインストールさんをことをフォローすると、Javaが全く分からない方向けの動画としては非常に優れている。全体で1時間チョットでJavaの基礎中の基礎はあの動画だけで分かるし、何よりも解説書を読むよりは実際に動いているところを見ながらの方が格段に良い。

ただ初心者レベルを抜けた人にはどうしても物足りない動画にはなってしまうと思われる。そうなると結局のところ、自前で勉強するしかなさそう…。そして自分のJavaに関するレベルが良く分かっていないからオラクルが行っている資格試験の問題集で自分のレベルを探ってみるしかないかなと思いつつある。

しかしオラクルの資格、受験料が高すぎだよなあ…(ヽ´ω`)まあサン・マイクロシステムズの時代から大差ないんだけどね。

プログラミング言語っていろんなHowTo本が出ているけど、それらを読み終えた時に次になにを読んだらいいのか、ホント悩みます。とりあえず現在読んでいるのが「Java逆引きハンドブック」というモノ。これのお陰でJavaの「クラスライブラリ」の利用用途が分かるのが有難いです。



それからドットインストールさんのサイト全体を見ると、JavaよりもWeb系(HTML、CSS、JavaScript)の方が充実しているところからすると、JavaなんかよりもWeb系のほうが需要があるんじゃないかと思われる。なのでWeb系を勉強するときにはなんだかんだで重宝しそうです。

以上。

posted by 除菌さん at 19:10 | Comment(0) | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: