2016年04月06日

【ホークス】カードの初戦で勝てない試合が続く(ヽ´ω`)今は我慢の時なんだろうか…。

hawks_2016040500.jpg

【今日のハイライト】


うーん(ヽ´ω`)今日も三連戦の初戦で勝てませんでした…。
6回裏まで4対0となっていたので「これは流石に勝てるやろ」と楽観視していたんですけど7回に2ランホームランを打たれ、8回裏に同点にされるという試合展開で「今日も駄目かな…」という思いが頭に浮かびましたが、延長戦で引き分けのまま試合終了となりました。

◯和田投手について
前の西武戦ではあまり調子がよくなかったので「今日の試合ではどうだろうか」と思いましたが、いざ試合が始まってみれば奪三振ショーの連続でした。



見てるコッチも気分爽快でした(*´∀`*)

◯斐紹捕手について
客観的に結果内容だけみると斐紹選手がスタメン出場している試合に限って勝ちがないです。今年のシーズンからカードの初戦は斐紹選手が捕手スタメンを担当しているようです。ここまでの斐紹選手がスタメンした試合内容を振り返ってみると…。

3月25日 対楽天戦  3対7 負け
3月29日 対西武戦  2対6 負け
4月01日 対日ハム戦 3対4 負け
4月05日 対ロッテ戦 4対4 引き分け

と3敗1分けで白星が無い状態となっています。ただ日ハム戦に関しては捕手交代後にサヨナラ負けだったので、こればかりは「斐紹選手が悪い」とは言えないです。ただ開幕戦の楽天戦と次のカードの西武戦でボロボロだった内容からすれば、日ハム戦とロッテ戦では良くなっているのではないかと思うところです。昨日の試合に関しては初めて勝ちパターンで捕手に就いたこともあってバリオス投手との連携が低かったんだろうなと考えています。きっと勝ちパターンに入った場合の継投策も色々と修正してくるでしょう。

なので楽観視に次の試合あたりで、そろそろ白星が付くじゃないかと思ってます(´・ω・`)ココはホークスファンとしても、将来の投資という意味も兼ねて我慢のしどころです(勝ち試合が見たいファンには厳しいところですけどね)。

斐紹選手のリベンジに期待したいところです。

◯柳田選手について
チャンスで柳田選手に打席が回ってくるけど、なかなかヒットが出ないです。昨日のスポーツ紙に下記のような記事が載っていました。
ソフトバンク柳田に工藤監督が四球攻め我慢指令
 ソフトバンク工藤監督が四球攻めが続く柳田に我慢指令だ。
 開幕8試合すべてで四球を選びリーグトップの13四球。内角を厳しく攻められ、ボールゾーンの変化球で勝負されている。工藤監督は「あんな配球は1年ずっとは続かない。今は投手が元気がいいが、疲れてきたら甘くなる。今我慢していれば打てる」と強調した。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1626951.html
たしかに無理してゴロになるくらいなら、今は四球をしっかり選んでチャンスを広げてくれる方が良いですね。実際にボール球の見極めは出来ているので(昨日の試合でも2四球を計上している)今は工藤監督の言うように我慢のしどころだと思います。そしてなにより今は柳田選手が塁に出れば、内川選手が絶好調なのでここで得点出来るチャンスが広がることもあり、打たなくても勝利に貢献出来ているのが大きいです。

◯まとめ
昨日の試合内容をふまえたパ・リーグの順位ですが、ホークスは5位です(ヽ´ω`)

hawks_2016040501.jpg

順位だけ見ると、ホント凹んでしまいます…。そろそろ連勝が欲しいところです。
以上です。

posted by 除菌さん at 15:25 | Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: